商業用物件

ニューヨークへのビジネス進出

商業用物件の契約は、交渉事が多く契約が難航することもあります。豊富な知識と経験に基づく判断力と交渉力、そして各専門家とのチームワークで、お客様にとって最適な物件を、少しでも有利な条件で契約できますよう最善を尽くします。
物件案内から交渉、契約、リース期間中のサポート、退去後の処理まで一貫して行っております。

また、何から始めていいか分からない方へ、視察からニューヨーク進出までのコンサルティングも行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

店舗・飲食店ご契約までの流れ

ステップ1 無料コンサルティング (クリックして詳細を確認)


お客様のご希望を十分理解し、購入手順・必要経費・資金計画のご説明を分かりやすく致します。

確認事項 & ご説明内容

  • 使用用途確認
  • 資金計画(ご予算)
  • 必要経費
  • 現在のニューヨーク商業不動産市場のご説明
  • 膨大なデータよりお客様のご希望に合った物件選定
  • 必要に応じて弁護士&会計士&建築家等、各専門家ご紹介

お客様に十分ご理解いただいてから次のステップに進みます。

ステップ2 内覧 (クリックして詳細を確認)


ご希望に合う物件を効率よくご案内差し上げます。

マンハッタン・クィーンズ・ブルックリン・ブロンクス・スタテン島・全ての物件をご案内できます。
ステップ3 見積り概算 (クリックして詳細を確認)


  • 各種ライセンス取得費用・日数確認
  • 建築士より改装費見積り
ステップ4 オファー 物件申込 (クリックして詳細を確認)


見積り確認後、オファーしましょう。

交渉事項も一緒に提示します。又、周辺類似物件の最新賃貸金額・買収金額を調査し、相場をお知らせします。
交渉内容:確認事項

  • 買収価格(ある場合)
  • 家賃
  • 家賃上昇率
  • 敷金
  • フリーレントの期間
  • 不動産税
  • 各光熱費
  • 契約期間
  • 更新オプション
  • Good Guy Guarantee
  • Build Out 改装費用貸主側負担割合
  • HAVC設置
  • 営業時間
  • 各ライセンス
  • 看板

他、物件によりケース・バイ・ケース

ステップ5 Term Sheet 双方の条件確認 (クリックして詳細を確認)


署名することもあるが、法的拘束力はない。
ステップ6 合意 (クリックして詳細を確認)


家主・借主弁護士情報交換

合意後契約書が完成し、3日~7日間程の検討期間がある。
この間に、必要であれば更なる交渉を弁護士を通して行う。
ステップ7 最終インスペクション (クリックして詳細を確認)


物件の最終確認

  • 水回り・冷蔵庫・エアコン等の電気製品等不具合がないか確認する。
  • 修理が必要な場合は、費用負担と修理時期について取り決めを行っておく。
ステップ8 ご契約 (クリックして詳細を確認)


持参

  • 英文写真付き身分証明書(契約書の署名者と同じ名前である事)
  • チェック
  • 保険証書



ご契約完了!お疲れ様でした。

※ 不動産弁護士・会計士・建築家・インテリアデザイナーのコーディネートもいたします。

・準備

予め準備しておくと取引がスムーズです。

Attoney Fee 弁護士費用 (半額前払い) $2,000~$5,000
Credit check Fee クレジットチェックフィー $50~150
Insurance 保険代 ケース・バイ・ケース
Renovation 改装費(必要であれば) ケース・バイ・ケース
Permit for sign 看板許可(必要であれば) ケース・バイ・ケース
License ライセンス各種 ケース・バイ・ケース
Security Depotit 敷金 家賃の3ヶ月分~
Rent 家賃 最初の月の家賃

※ 敷金相場
通常家賃の3ヶ月ですが、アメリカでのクレジットヒストリー(信用調査)ができない場合、もしくはクレジットスコア(信用調査の点数)が低いと敷金の積み増しになる可能性高い。その場合、家賃の前払い、もしくはGuarantor(保証人)をつける事により、3か月の敷金で契約できる場合もある。
※ 仲介手数料
商業用物件の仲介手数料は通常貸主払いですので、借主には発生しません。
ただし稀に小さな雑居ビルのオフィス・店舗で貸主が個人の場合、手数料が借主払いの場合もあります。貸主が払う仲介手数料は、家賃に手数料が算入されています。
借主払いの場合、最初に損をしたように感じますが、長い目で見ると家賃が安くなる分お得になる事も多いので総合的に判断下さい。

必要書類(契約書にご署名される方全員分・英訳必須)
  • W2 Form                          源泉徴収票(英訳)過去1~2年分 ⇒ 見本
  • Tax Returns                        納税証明書(英訳)過去1~2年間分 ⇒ 見本
  • Pay stub                             給与明細書(英訳)過去3ヶ月分
  • Certificate of incorporation 会社設立証書
  • Employment letter              雇用証明書(英語)最近のもの ⇒ 見本
  • Financial report                財務諸表 ⇒ 見本
  • Bank Statement                  銀行残高証明書(英語)過去1~3ヶ月分
  • Copy of photo ID                写真付き英文身分証明書のコピー(パスポート等)

物件により求められる書類はケース・バイ・ケースです。
公証(Notarize)を求められる書類もございます。公証役場やアメリカ大使館にて、手続きが可能です。

初回無料相談
お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ
(初回相談無料)