★マンハッタン・オフィス分類&家賃相場・クラスA~クラスCについて★

2020/2/14 タグ: / / / / / / / / /

マンハッタンの商業ビルは、建物構造と提供されるアメニティの質により、クラス評価システムに従って非公式に分類されています。クラスA、クラスB、およびクラスCの違いについてご説明いたします。


■ クラスA

最高級のオフィスビル。通常主要な駅に近い大通りに位置し、 商業用ビルとして新しく建築されています。見た目が美しく、都市の中央ビジネス地区などの視認性の高い場所に顕著な存在感を示しています。これらのスペースは通常、評判の良い不動産管理会社によって管理されており、完璧な外観を維持しています。年中無休24時間アクセス可能な豪華なロビーにはセキュリティーが常在し、来客の写真付きIDをチェックします。最高級のHVAC及び機械システムが装備されており、エレベーター・廊下・ロビー・お手洗いは頻繁に改装され、最新のシステムとアメニティーを提供しています。建物の高さは、クラスAの一般的な特性で多くの高層ビルがこのカテゴリに分類され、ロビーが大きく天井が高い傾向があります。

通常、市内の平均賃料よりも高く、プレミアスペースの人気が高いため、条件の交渉は難しいです。これらの建物内のオフィスは、金融機関や法律事務所などの有名なホワイトカラー企業の間でよく人気があります。

クラスAの建物は、グランドセントラル駅界隈、プラザホテルに近い5番街沿いにあり、Avenue Of America (6番街)42丁目~57丁目辺り、そしてダウンタウンは金融​​街に多くあります。

クラスAビル例:クライスラービル、GMビル、ザグレースビル、シティグループセンター、ブルックフィールドプレイス

家賃相場:$80~$100(SF)

■ クラスB

平均クラスのオフィスビル。郊外または大規模な金融地区の端、もしくは脇道に位置している場合が多い。建物の多くは中・低層階で工場や倉庫として建築されており、天井が高く大きな窓が特徴的です。その古い建物を改装し、美しく装飾されています。天井が高いのを生かし、お客様のニーズに合わせて変形できるオープンエリアのクラスBの建物の中には、ロフトスペースもあります。クラスAのような高品質の備品、建築上の細部、印象的なロビーはありませんが、通常は完全に機能する設備を備えています。

クラスAとBの建物を区別するもう1つの要因は、築年数です。 通常、クラスBの建物はクラスAの建物よりも古いため、劣化している可能性があります。 一部の建物はクラスAの評価で開始されますが、10年後、または摩耗と破損の兆候が明らかになるとクラスBにダウングレードされます。

チェルシー、フラットアイアンディストリクト、ユニオンスクエア、ソーホー、トライベッカ、およびガーメントディストリクトなどの特定のミッドタウンマンハッタン地区には、多くのクラスBのオフィススペースが存在します。

クラスBビル例:555 8th Avenue、55 Fifth Avenue、495 Broadway、225 Broadway、299 Broadway、375 Pearl Street、90 John Street、10 Hudson Square。

家賃相場:$60~$75(SF)

■ クラスC

ほとんどの場合、築20年以上経過した小さい建物で、脇道にあります。ロビーは無人であることが多く、エレベーターは1台しかありません。しかし、共有エリア、機械システム、建物のファサード等のアップグレードや、屋根の修復をしてクラスBにアップグレードできる可能性もあります。

家賃相場:$40~$60(SF)