ニューヨーク不動産ライセンスの取得方法

2018/12/14 タグ: / /

ニューヨークで不動産業に興味のある方は多いと思います。

不動産ライセンスは2種類あり、州ごとにライセンスを取得する必要があります。
例えばカリフォルニア州の不動産ライセンスは、ニューヨーク州で利用できないので、新たに取得する必要があります。

①  セールスパーソン (real estate sales person)
スポンサーであるブローカーの下でのみ不動産業ができます。

②  ブローカ― (real estate broker)
不動産業を運営することができます。

セールスパーソンになるには?

ステップ1:不動産専門学校やコミュニティーカレッジの不動産コースで必須75時間の講習を受ける
ステップ2:学校の試験に合格
ステップ3:NY州の試験に合格
ステップ4:ブローカー(不動産会社)にスポンサーになってもらい、ライセンスを申請

授業・試験の内容そのものは簡単ですが、専門用語を含めすべて英語なので、当然のことながら単語力が必要となります。あまり英語が得意でない方も、がり勉して受かった方も多いです。全選択問題であり、何度でも受けられるので、宅建に比べると随分簡単に取得できます。

しかし。。。ニューヨークのセールスパーソンは、一般的にフルコミッション制で経費も自腹です。また大変競争の激しい世界で、日々世界中から集まった海千山千の強者とやり取りをするのも簡単な事ではありません。セールスパーソンになるのは簡単ですが、成功するには相当な覚悟とガッツが必要です。

詳細は下記サイトよりご確認いただけます。
セールスパーソン・ライセンス サイト

■ ブローカーになるには?

資格だけでなく経験と実績も必要となります。

ステップ1:最低2年間セールスパーソンとして不動産業につき、一定以上の賃貸売買を行い、スポンサーであるブローカーから証明書を発行してもらう
※一定以上の売買→3500ポイント以上必要(例:賃貸1件25ポイント、売買1件250ポイントとしてカウントされます。)
ステップ2:不動産学校で必須45時間の講習を受ける
ステップ3:学校の試験に合格
ステップ4:NY州の試験に合格
ステップ5:ライセンス申請

試験そのものの難易度は高くないのですが、経験と実績を積まなければいけないので、ブローカーへの道は簡単ではありません。

詳細は下記サイトよりご確認いただけます。
ブローカーライセンス サイト

※ セールスパーソン、ブローカー共に2年ごとに更新があり、22.5時間の講習受講が義務付けられており、更新手数料が発生します。

■ 不動産学校情報

コミュニティーカレッジを含め多くの不動産専門学校やオンラインコースがありますが、私が(2年ごとの講習も含め)通っているのはNYREIです。
不動産専門学校サイト

他、Groupon でを検索すると、よく不動産ラインセンスコースのディスカウントがあるのでチェックしてみてください。
Grouponサイト